2017年12月13日

2017年12月13日(水) ジュノ様ご一行ご来店

「伊豆大島のダイビング情報」
透明度15m、水温18-19
透明度が落ちましたが…。
でもまだ15mは見えてます。

今日は東京のショップさん「ジョノ」の皆様をお迎えして、
秋の浜と野田浜をガイドさせて頂きました。
6658.jpg

ずーっと荒れ続けていた野田浜も
やっと潜れるレベルになりました。
6659.jpg

ツバメウオの群れは今日も健在でした。
6615.jpg
posted by イエローダイブ at 22:22| 東京 ☁| Comment(0) | 海の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

2017年12月12日(火) 久しぶりのクダゴンベ

「伊豆大島のダイビング情報」
透明度25m、水温18-19

西風が数日吹き続いている伊豆大島です。
今日も潜れるのは秋の浜オンリーです。

透明度抜群の海が続いてます。
本当に良い海ですよ。

今日は正面の際を水深30mまで降りてみました。
ニシキフウライウオが登場したという情報をもらったのですが、
僕の目には入ってきませんでした…。

代わりに、
久しぶりにクダゴンベが見られました。
6654.jpg

しかも同じフトヤギにもう1匹。
6653.jpg

そのすぐ近くには、
凄く絵になる場所にガラスハゼが居ました。

内蔵ストロボで撮ったバージョンと
6651.jpg
RGBlueライトで撮ったバージョンです。
6652.jpg

今日は中層を
カブトクラゲやウリクラゲやサルパが
大量に漂ってました。
6655.jpg

ギンポ団地には、
定番のトウシマコケギンポ、
クロスジギンポ、
マツバギンポygの3種類が住んでます。
6656.jpg

段上には冬の訪れを知らせる
ウミヒドラが目立つようになってきました。
6657.jpg

posted by イエローダイブ at 20:44| 東京 ☀| Comment(0) | 海の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

2017年12月10日(日) ショップ様の下見

「伊豆大島のダイビング情報」
透明度30m、水温19-20

ショップ様の下見で、
王の浜、野田浜、秋の浜をガイドさせて頂きました。

お天気も良いし、
最高の下見日和で、
6646.jpg

透明度が抜群だったので、
地形もコースも丸わかりでした。
6648.jpg

合間では生物情報も織り交ぜて、
6645.jpg
6647.jpg

そして、
夜はリクエストでライトトラップを開催しました。

今回はタルマワシが大フィーバーでした。
合計で100匹は見られたと思います。
ツノウミノミなんてもっと沢山いました。
エビの幼生も超たくさんだし、
サルパも色々な種類が大量に来るし、
大当りの夜の海でした。
6642.jpg
6643.jpg6644.jpg




posted by イエローダイブ at 23:04| 東京 ☀| Comment(0) | 海の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

2017年12月7日(木) なかなか見つからない

「伊豆大島のダイビング情報」
透明度30mオーバー、水温17-18
今日も抜群な海が続いてます。

この時期に見られる人気者と言えば、
クマドリカエルアンコウ、
ニシキフウライウオ、
フリソデエビ
の3種類なのですが、
今年はまったくもって見つかってません…。

そろそろ誰か見つけてくれないかな〜
っと他力本願だったのですが、
なかなか見つからないので、
今日は過去に登場した場所をがっつり捜索してみました。

すると、なんと、
結局なにも新発見はありませんでした…。

そんな海ですが、
浅場に色々と見所満載です。

段落ちのオオモンカエル。
6636.jpg

水深12mのアカホシカクレエビ。
6638.jpg

ギンポ団地の新顔のマツバギンポyg。
6637.jpg

筒状の海綿の中に住むザラカイメンカクレエビ。
カラフィルターを筒の外から当てて撮ってみました。
6641.jpg
6639.jpg
6640.jpg

posted by イエローダイブ at 23:05| 東京 ☀| Comment(0) | 海の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

2017年12月5日(火) 抜群の透明度

「伊豆大島のダイビング情報」
透明度30mオーバー、水温17-18

今日も抜群の透明度な秋の浜です。
西風が吹いて日に日に水温が下がります…。
でも綺麗だから許せます!
6629.jpg

昨日、同じタイミングで潜ってた方が、
ニタリに遭遇したというので、
今日はスクーターを駆使して、
ニタリを求めて右も正面も左も彷徨いまくりました。
6627.jpg

すると、その結果、
なんと、ニタリが、
出ませんでした…。

仕方無いので風景撮って、
6628.jpg

クマノミ撮って、
6630.jpg

最近話題のヒオドシベラの幼魚を撮って、
6632.jpg
浅場に帰ってきました。

浅場に帰ると落ち葉が大量に水面に浮いてます。
6631.jpg

西日がちょうどライト代わりになって、
浮遊生物が見つけやすい状態だったので、
安全停止しつつ浮き浮きしてみました。

浮いて移動中のツマグロモウミウシ
6634.jpg

浮いて移動中のヒラムシ
6635.jpg

放散虫アカンタリア目の仲間?
天青石という鉱物で作られているそうです。
6633.jpg

昼間の浮遊生物探しも結構楽しかったです。
posted by イエローダイブ at 15:51| 東京 ☀| Comment(0) | 海の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする