2018年02月07日

2018年2月7日(水) 冬の風物詩

伊豆大島のダイビング情報
秋の浜 透明度20m、水温15

ロタ島の28℃の海から、
伊豆大島の15℃の海へ戻ってきました。

水温への恐怖がありましたが、
インナーを6枚着込み、
更にヒートベストも仕込み、
グローブも冬用の5oにしたので、
超快適でした。

正面の棚の水深24m付近を流していると、
冬の風物詩であるイズカサゴが、
ポンポンポンと5匹も並んでました。
6907.jpg

近くには同じカサゴの仲間の、
ミズヒキカサゴの幼魚やサツマカサゴが居ました。
6901.jpg

帰りがけにカエルアンコウの仲間の幼魚をチェックし、
まだ健在なのを確認しました。
6906.jpg

すぐ近くには、
フラフラと頼りなく移動中の
ビシャモンエビが目に入りました。
6903.jpg

最後はギンポ団地で安全停止。
何だか最近賑やかです。

タテガミカエルウオっぽい幼魚
6904.jpg

マツバギンポの幼魚
6902.jpg

クロスジギンポ
6905.jpg
続きを読む
posted by イエローダイブ at 21:37| 東京 ☀| Comment(0) | 海の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする