2013年11月13日

2013年11月12日(火) 伊豆大島のボランティア


「ダイビング+ボランティア」パッケージをご提供するべく、本日もボランティアに参加しました。

大島でボランティアに参加するには、
朝8:30までに、大島社協災害ボランティアセンターへ行き、申込みの手続きをする必要があります。
5分程の朝礼のあと、今日の活動内容と現場が割り振られ、同じ現場の方とグループを組み一緒に活動します。
1077.jpg

今日の作業は昨日と同じお宅の建物周辺の泥出し作業です。
土砂の中には、大きな石や丸太などが混ざっているため、
つるはしやら、スコップやら色々な道具を使ってのなかなかの力仕事です。

今回、僕は伊豆大島ダイビング連絡協議会として参加しているので、
いつも海であったり一緒に飲んでいるガイド達と一緒に作業することが出来てます。
そのため、気心も知れているという事もあり、何だか楽しく作業してます。

そして、被災されたこのお家の方に仕上がりを確認してもらい、
「本当にありがとう!」なんて言って頂けると、楽しく作業していただけなのに心からの感謝までもらい、何だか申し訳なくなります。

作業終了後には、大島社協災害ボランティアセンターへ戻り、
使用した道具を洗って、作業報告を済ませると、美味しいお菓子やおにぎりやフルーツ、そしてドリンク類が僕を待ってます。
これらも全て全国の大島を想う方々からの寄付なんだと思います。

ボランティアの作業時間ですが、
午前中は8:30〜12:00で、お昼休憩をはさんで、午後は13:00〜15:30までとなっています。
日没が早くなっている関係で、午後の作業時間は実質2時間程度と短めです。

そのため、当店で企画する「ダイビング+ボランティア」パッケージは、
行きの船は前日夜発の当日朝6:00着の大型客船をご利用の方のみ参加可能にしようかと思います。
明日中には内容を詰めて、当店WEBサイトやこのブログやフェイスブックで発表するのでお楽しみに!


また、ボランティアに参加するには、必ずボランティア保険というものに加入して頂く必要があります。
旅行保険のようにネット上で簡単に加入できればよいのですが、実はちょっと加入手続きが面倒です…。

日本全国にある社会福祉協議会へ直接、足を運んで頂く必要があります。
まずは、みなさんのご自宅か会社近くの社会福祉協議会の場所を調べて下さい。
こちらの全国社会福祉協議会ネットワークのWEBサイトから、
お住まいの都道府県の社会福祉協議会のWEBサイトへ飛び、
そのそのWEBサイト内から各市町村の社会福祉協議会一覧のページを探し出し、
一番近くの社会福祉協議会の住所を調べて、やっとの事でボランティア参加への第一歩を踏み出します。

この時点で、すでに相当面倒なので、
当店にご連絡頂ければ皆さんのご自宅や会社の社会福祉協議会を調べるのでご安心下さい。

あとは、お仕事の合間やお休みの日を利用して、社会福祉協議会へ足を運んで頂き、
ボランティア保険の加入手続きをして頂ければ、翌日から1年間の保険に加入する事ができます。
保険の内容はボランティア保険のご案内をご確認下さい。
保険料は保証プランにより300円〜1400円となっています。

大島のボランティアは災害ボランティアであるため、ある程度の危険を伴う可能性もあります。
その為、ボランティア保険への加入は必須であり、この手続きが面倒だなという方を振るい落としてるのかも知れませんね・・・。

仕事も家庭も忙しくてボランティア保険に入る暇が無いと言う方は、
もちろん、ダイビングへのご参加だけでも、当店としては物凄く嬉しいです。
大島へ来島し、宿泊し、スーパーで買い物し、居酒屋で飲んで、大島にお金を落として頂くのも十分に復興の手伝いになっていると思います。
もちろん、当店スタッフからの心からの感謝も受け取れますよ。

とにかく、「大島の為に何かしたい!」という方は、積極的に大島へ足を運び、
現在の大島の被災した現状と、何も変わらない海の中の様子を目で見て感じて頂き、
周りのご家族やお友達に伝えていって頂ければと思います。
1078.jpg
ラベル:ボランティア
posted by イエローダイブ at 07:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする