2017年12月04日

2017年12月4日(月) ジョーフィッシュ

「伊豆大島のダイビング情報」
透明度30mオーバー、水温17-19

水温が一気に3℃も下がって17℃ですが、
透明度が30mオーバーというヤバイ感じです。

そんな中、
新たな生物の発見を求めて秋の浜へ。

まずはジョーフィッシュへ。
最近このエリアには行ってなかったのですが、
ジョーフィッシュは2か所で健在でした。
6620.jpg

同じエリアには甲殻類がわんさかです。
6623.jpg
6622.jpg

段上では久しぶりに
ミヤケテグリが見られました。
6621.jpg

最後はハシゴ付近で
カラーフィルターを使用して撮影を楽しみました。

ケヤリを青と赤で染めてみました。
6625.jpg6626.jpg

どこにでもいるウミウシも
背景に色を付けると絵になります。
6624.jpg


posted by イエローダイブ at 21:23| 東京 ☀| Comment(0) | 海の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月2日(土) 都内忘年会からのさるびあ丸

金曜日の夜に、
浜松町で忘年会を開催し、
そのまま竹芝に行ってさるびあ丸に乗っちゃう
という世界初のツアーを試みましたが、
好評でした。

忘年会には多くのリピーター様にお集まり頂き、
楽しいひとときを過ごさせて頂きました。
本当に感謝感謝です。
6617.jpg

1次会終了後は、
テンション高めのまま、さるびあ丸へ。
デッキで飲む予定でしたが、寒すぎてすぐに撤退しました…。
6618.jpg

大都会東京を後にして伊豆大島へ。
6612.jpg

早朝に到着し、2時間ほど仮眠してから海へ。
6616.jpg

「伊豆大島のダイビング情報」
透明度20m、水温20-21
透明度が超良いです!
20mは見えてるし、水温も21℃あるし、
ドライスーツならストレスフリーで潜れますよ。

そして、
なんと、野田浜に20匹弱のツバメウオの群れが登場しました!
6613.jpg6614.jpg

伊豆大島のビーチポイントに、
この数のツバメウオが登場したのは、
多分、初めてです!

野田浜の沖にある
サメマチの根とラクダ根付近では、
たまに10匹ほどの群れを見かけてたので、
多分、その集団が浅場に移動したのかもしれません。

まだまだ透明度も水温も高い伊豆大島です。
潜り収めがまだの方は、今月中に是非!

また、今年は年末年始はお休みします。
お休み期間 12/28-1/4

posted by イエローダイブ at 09:36| 東京 ☀| Comment(0) | 海の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

2017年11月29日(水) フィリピンツアー報告

11/23-28の6日間の日程で、
フィリピンのボホール島の横のパングラオ島にある
ノバビーチリゾートへ海外ツアーに行ってきました。
6593.jpg

ノバビーチリゾートは、
お部屋も食事もダイビングも全てリゾート内で完結するので、
ゆっくりまったりと我が家のように寛げる最高の場所です。
リゾート犬たちにも癒されます。
6608.jpg6610.jpg
6611.jpg6609.jpg
6576.jpg6577.jpg

そんなリゾートの目の前は世界屈指のマクロポイントなんです。
もう人気生物が目白押しです。
6578.jpg6579.jpg
6582.jpg6583.jpg
6584.jpg6581.jpg
6585.jpg6580.jpg

リゾートのあるパングラオ島から30分程ボートで行くと、
世界屈指のワイドな海であるバリカサグ島があります。
ここはマレーシアのシパダン島にそっくりかそれ以上で、
ウミガメは至る所にいるし、珊瑚に群れるハナダイは凄いし、
そして何よりもギンガメアジのトルネードが最大の魅力です。
今回も潜った2本ともにギンガメアジを堪能しました。
6588.jpg6590.jpg
6589.jpg6592.jpg
6587.jpg6594.jpg

今回は更にちょっと離れたパミラカン島にも遠征しました。
こちらは滅多にダイバーが来ない島なので、
とにかく珊瑚が凄いことになってます。
その珊瑚に群れるハナダイ達も凄いし、
まさに手付かずの海といった感じです。
6603.jpg6602.jpg
6599.jpg6604.jpg

そして、何カ所かで白化したイソギンチャクが見られました。
イソギンチャク的にはつらい状況なのですが、
ダイバー的には最高にフォトジェニックな存在です。
そこに住むカクレクマノミは最高に絵になりました。
6607.jpg

ノバビーチリゾートの一番好きな所は、
高台から海を眺めながらビールを飲めるアフターダイブのひと時です。
最初に一口を飲んだ瞬間は、
人生で最も幸せな瞬間なんじゃないかと毎日思いました。
6569.jpg6570.jpg

今回もリピーター様が参加してくれました。
いつもありがとうございます。
楽しんで頂けたなら私も嬉しい限りです。
6595.jpg6596.jpg
6597.jpg

そして、現地ガイドのロンロンも年々腕を上げてくれていて、
毎年充実したダイビングを提供してくれていてありがたい限りです。
6598.jpg

次回は来年の6月に海外ツアーを開催予定です。
お楽しみに!

また、3名様以上のリクエストツアーは随時受付中なので、
初めての場所はちょっと不安だから引率して!
っという方はご相談下さいね。

posted by イエローダイブ at 11:24| 東京 ☁| Comment(0) | 遠征ツアー報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

2017年11月21日(火) しんしんポカポカ

「伊豆大島のダイビング情報」
透明度12m、水温20

透明度はちょびっと復活です。
その代わり、水温は20℃です…。

陸はというと、
朝晩はしんしんと冷え込みますが、
日中は日が出ればポカポカ陽気です。

時間を見つけて秋の浜へ。
ちょっとバシャバシャしてますが、
まあ潜れるレベルの海です。

今日は左の砂地の魚礁オンリーで
じっくり散策してみました。

今日もハウジングが水没気味で…。
どうやらボタンかどこかに亀裂が入ったみたいです…。
修理に出さなきゃですね…。

そんな訳で、撮影できたのは最初の10分程だけで、
エキジットした時にはハウジングの中は海水で満たされてました…。

最初の10分で見られた生物です。

ずいぶん前から同じパイプの海綿の上で見られてる
ミチヨミノウミウシ。
6566.jpg

ビールケースに乗っかっていた
アオウミウシ
6568.jpg

立ち上がったパイプの先端に生えていたケヤリムシ。
最近お気に入りの青と緑で染めてみました。
6567.jpg

そろそろ水温が20℃を切ってくる季節です。
さすがにもうドライスーツの季節です。
今年こそMYドライが欲しいな〜っという方は、
12月末まで開催中のキャンペーンを利用してお安く購入しましょうね。
日アクのドライスーツ.jpg

そして、明後日からのボホール島ツアーのため、
明日から離島します。
南国の海の心温まる写真をお届けする予定です。
event-tour2017-winter-00.jpg
posted by イエローダイブ at 22:01| 東京 ☀| Comment(0) | 海の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

2017年11月20日(月) 風が収まる月曜日

「伊豆大島のダイビング情報」
透明度8m、水温20-21

透明度はちょびっと回復しましたが、
水温はついに20℃ピッタリを表示してます…。

今日は島のリピーター様をお迎えして、
スクーターで秋の浜ドロップオフへ。

1台のスクーターがEN直後に水没というトラブルもありましたが、
スクータータクシーダイブに切り替えて、
無事にドロップオフポイントへ。
6563.jpg

目印の鬼の角っぽい岩。
6560.jpg

ここは透明度10mはありました。
6561.jpg

相変わらず、
キンギョハナダイがムレムレでした。
6562.jpg
posted by イエローダイブ at 14:12| 東京 ☁| Comment(0) | 海の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする