2017年11月08日

2017年11月7日(火) 捕食魚チェック2日目

夜の海に
捕食魚が来ないかチェック2日目です。

今夜は昨日と同じ水深ですが、
横へ10mだけずらして、
海底の環境が砂地の部分を狙ってみました。

すると、
昨日同様、甲殻類はバンバン来ます。
タルマワシも撮り飽きるほどにライト周りで回ってました。
6504.jpg

クラゲの仲間も数個体見られてます。
6507.jpg

昨日はハタンポの稚魚しかいなかったのですが、
今夜は人気の稚魚がひっきりなしに登場してくれました。

テングハギの稚魚。
6505.jpg

トビウオの稚魚。
6503.jpg

これ以外にも、
チョウチョウウオの仲間の稚魚や、フエダイの仲間の稚魚、
スズメダイの仲間の稚魚など目白押しでした。

ハシゴ付近にはダンゴイカの仲間も健在です。
夜の秋の浜では必ず見られる可愛いイカです。
6508.jpg

明日の3日目のチェックも
同じ水深と場所でテストしてみる予定です。
posted by イエローダイブ at 10:12| 東京 🌁| Comment(0) | 海の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月7日(火) 写真映えするシーン

「伊豆大島のダイビング情報」
透明度15-18m、水温22-23

午前中は事務仕事に追われ、
午後から秋の浜のジャグジーに空いてしまった
ピンホールの補修に来たついでに1本下見してきました。

沖に出るにつれて透明度が上がり、
何だか凄く素敵な雰囲気です。

今日は左の砂地オンリーで、
写真映えするシーンを探してふらついてきました。

ケヤリムシの触手。
6511.jpg

フトヤギのポリプ。
6512.jpg

カゲロウカクレエビ。
6510.jpg

魚礁のミチヨミノウミウシ。
6509.jpg

そして、偶然ですが、
久しぶりにカミソリウオを発見しました。
単体なので動いてしまうかも知れませんが…。
6513.jpg

浅場ではクロメガネスズメダイを撮影してみました。
壁から飛び出して強気に泳いでいるので、
バック黒抜きの写真も狙えますよ。
6514.jpg
続きを読む
posted by イエローダイブ at 09:56| 東京 🌁| Comment(0) | 海の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

2017年11月6日(月) ライトトラップ再スタート

「伊豆大島のダイビング情報」
透明度12m、水温22-23
2年前から始めたライトトラップですが、
サバやイサキなどの捕食魚がライトに集まり、
浮遊生物たちを食べまくるという現象が起きてしまったため、
峯水カメラマンからの「生態系を壊しかねない」というアドバイスを受けて、
お休みしてましたが、
約1年の休養を経て再スタートする事にしました。

とは言っても、
1年休んだからといって捕食魚が消えた訳ではないので、
様子を見ながらちょっとずつ本数を増やしていき、
最終的にはゲストをお迎えできるレベルに持っていきたい感じです。

でもやっぱり捕食魚だらけなんですけど〜
っとなったら残念ながらまだちょっとお休みです…。

そんな状況ですが、
今回はRGBlueライト4本で水深10mでやってみました。

結果としては、
捕食魚はゼロという嬉しい感じです。
月夜だから捕食魚が出やすいはずなのにです。
6500.jpg

そんな訳で、
設置から1時間経過した頃から本格的に生物を探してみました。

すると、ライトトラップの人気者であるタルマワシが大量発生してました!
合計で50匹くらいは見られたと思います。
6496.jpg
6497.jpg

そして、これまたライトトラップの人気者である
セミエビの仲間のフィロソーマ幼生も5匹登場しました。
6498.jpg

他にもエビやカニの仲間はもう大量すぎて、
全て追いかけるなんて無理という嬉しい状況でした。
6501.jpg

稚魚は定番のハタンポの仲間オンリーでしたが、
実はエントリー直後のハシゴの横で、
レアな存在のワニギスの稚魚に出会えました。
6499.jpg


とりあえず、
3日間は同じ場所で同じ時間で試してみて、
捕食魚が来ないようなら、浅場でも試してみようと思います。

ライトトラップ好きな方はお楽しみに!







posted by イエローダイブ at 18:02| 東京 ☀| Comment(0) | 海の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

2017年11月5日(日) 三連休終了です

「伊豆大島のダイビング情報」
透明度10-12m、水温22-24

11月の三連休が無事に終了しました。
例年は暇な事が多いのですが、
今年はリピーター様が大勢遊びにきてくれました!
ありがたい限りです。
6484.jpg

海は秋の浜を中心に、ケイカイと王の浜も潜りました。
連休前は透明度5mでしたが、
連休初日から急回復し、12mは見えてました。
水温は22℃~24℃をキープしています。

ケイカイのミチヨミノウミウシ
6490.jpg6487.jpg

ケイカイのコケウツボ
6489.jpg

王の浜のアカホシカニダマシ
6486.jpg

王の浜のサラサエビ
6491.jpg

秋の浜は大混雑
6493.jpg

秋の浜の超チビッ子ガラスハゼ
6494.jpg

風がコロコロと変わりましたが、
3日間穏やかなポイントを選んで潜る事が出来ました。
無事にお客様皆さんお帰りになりました。
6485.jpg

そして、
ちょっと疲れたので、
鳥レバーを食べに炭火串焼き駅へ。
6492.jpg

posted by イエローダイブ at 10:41| 東京 ☀| Comment(0) | 海の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

2017年11月2(木) 下見日和

「伊豆大島のダイビング情報」
透明度5-8m、水温23-24

明日からの3連休の準備で、
朝からお部屋作りやお掃除を終わらせ、
今日はまだ日のあるうちに海に下見に行けました。

暑くもなく寒くもない過ごしやすい気候です。
明日も快適な気候だと嬉しいな~っと思ってたら、
夜から土砂降りな伊豆大島です…。
予報だと明日は晴れるらしいので期待したいですね。

今日は秋の浜の左の砂地を回ってきました。
水深18mと比較的浅い水深に、
ネジリンボウ、ヒレネジ、オニハゼ、ダテハゼ、
などの共生ハゼがわんさかいます。
6483.jpg

沖の転石にはガラスハゼがわんさかです。
6477.jpg

団落ちの直径5pほどの小ぶりのイソギンチャクには、
2匹のクマノミの幼魚が住んでます。
動く範囲が超狭いので撮りやすいですよ。
6478.jpg

ハシゴの裏ではミアミラウミウシの幼体が見られました。
暗い所にいるウミウシは超スヌート撮影向きです。
6480.jpg
背景を青く。
6481.jpg
背景をピンクに。
6482.jpg


posted by イエローダイブ at 21:52| 東京 ☀| Comment(0) | 海の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする